衣装ごとの魅力

和服を着て扇子を持った女性

三宮には色んなコンセプトのおっパブがあり、コンセプトによって衣装が違います。例えば和風コンセプトなら襦袢衣装、CAコンセプトならキャビンアテンダントの制服が衣装となります。衣装ごとの魅力を見ていきましょう!

襦袢衣装の魅力

三宮にある和風おっパブの衣装は襦袢です。襦袢と言うのは本来、着物の下に着る肌着のようなものを指します。肌着が衣装…?と疑問に思うかもしれませんが、おっパブの襦袢衣装は肌着感のない、可愛らしい柄の入った浴衣のようなものです。普通の着物とは違い、紐をほどくだけで女の子の素肌が露わになるというのもポイント。おっパブ嬢の衣装が脱がしにくいのでは簡単におっぱいに触れなくてガッカリしますが、襦袢なら簡単に女の子を上半身裸にすることができます。脱がした後はもちろんですが、脱がす前もセクシーなのが襦袢衣装の魅力の1つ。和風の衣装ならではの日本人らしい色っぽさが女の子から醸し出されます。

CA衣装の魅力

CAのコスプレといえば、やっぱり体にぴたっと張り付くようなタイトな衣装を想像しますよね。その通り!おっパブのCA衣装はおっぱいの形もウエストのくびれもお尻の形もまるわかりの、タイトな衣装となっています。ミニスカートなので女の子の生足も見られますよ。巨乳の女の子なら、Yシャツから溢れんばかりのおっぱいが覗いて超セクシー。エッチなキャビンアテンダントと、隠れて大人のプレイをしているみたいな気分に浸れます。